【ScubaDiving Plan】 2016年のダイビング合宿は無事終了♪    
  •    09月10日 11:27   潜水ログ No.220  
  •    09月10日 09:22   潜水ログ No.219  
  •    09月09日 15:12   潜水ログ No.218  
  •    09月09日 13:19   潜水ログ No.217  
  •    06月29日 14:30   深所恐怖症  
  •    09月11日 13:10   潜水ログ No.216  
  •    05月15日 17:00   2015年になりました  
  •    09月06日 13:20   潜水ログ No.215  
  •    09月06日 10:43   潜水ログ No.214  
  •    09月05日 16:31   潜水ログ No.213  

  • ※ 画像が拡大できないときはこちらに戻ってください  
    画像を拡大した後は必ずクリックして消して下さい!
      
     2010年08月15日(日) 13時08分

    種類: 慶良間ボート(ドリフト)
    ポイント: 安室 平瀬
    天気: 晴れ (気温: 32度)
    波高: ~0.7m (航路 ~1.0m)
    水温: 28.8度
    最大水深: 17.8m
    平均水深: 9.0m
    透視度: 20m
    潜水時間: 39分
    海況: やや強い流れあり(2/5~3/5)
    タンク: スチール 10L
    エア消費量水面換算値:  L/min (190→50 Bar)
    スーツ: 5mmマリポM(2kg)
    カメラ: SEA&SEA DX-2G(YS-17)
    バディ: -
    チーム: O夫妻他4名
    ガイド: 田中博己さん(沖縄マリンポイント)
    ダイブコンピュータ: TUSA DC-HUNTER IQ-700
    --------------------------
    2010_08_15_CCC_01.jpg

    自分でリクエストしておいて、あとから後悔したポイント。
    ホヤが多くてとてもステキなポイントですが、海のど真ん中なで遮る物が無く、大潮の日は流れる流れる。
    というわけで、流れに負けまくっていたので写真撮れずでした。
    水路はホヤの宝庫で最高のポイントですが、止まることすらできず流されまくり(涙)。

    若干の穏やかな場所で撮った2枚だけです。
    イチゴボヤ(苺海鞘)ホシゾラボヤyg(星空海鞘)(推奨呼称)です。

    2010_08_15_CCC_02.jpg 2010_08_15_CCC_03.jpg

    巨大なテーブルサンゴでは、オヤビッチャヤマブキベラが卵をめぐっていつもの攻防を繰り広げていました。
    ホヤを是非とも撮りたいので、小潮のときにまた来たいです。

    2010_08_15_DDDD_03.jpg

    帰りも波が穏やかで、波男に相応しくない凪でした。
    ヨットも様になってて格好いいですね。

    ※このログ記事に web拍手 by FC2 をお願いします!!


    ニモ☆の公式LINE 登録ヨロシクです♪ 友だち追加数
         [カテゴリ] ログ:慶良間  |   [コメント] 4
    [ランキングに参加しています - クリックお願いします]
    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   
     2010年08月15日(日) 12時36分

    種類: 慶良間ボート(アンカリング)
    ポイント: 座間味 大曽根
    天気: 晴れ (気温: 32度)
    波高: ~0.5m (航路 ~1.0m)
    水温: 29.0度
    最大水深: 9.9m
    平均水深: 8.2m
    透視度: 25m
    潜水時間: 15分
    海況: 良好 軽度の流れあり
    タンク: スチール 10L
    エア消費量水面換算値:  L/min (80→50 Bar)
    スーツ: 5mmマリポM(2kg)
    カメラ: SEA&SEA DX-2G(YS-17)
    バディ: -
    チーム: -
    ガイド: 山内栄司さん(沖縄マリンポイント)
    ダイブコンピュータ: TUSA DC-HUNTER IQ-700
    --------------------------
    2010_08_15_BB_02.jpg

    ここは正式なダイビングではなくて、昼食とシュノーケリング組のために係留した場所です。
    昼食後はいつものんびりしているのですが、シュノーケリングをしていたスタッフの方が「ホヤいっぱいいますよ」と仰ったので気が気じゃない。
    それを察してくれた別のスタッフが「残タンで撮りに行ってもいいですよ」と仰ったので、すぐに準備。
    というわけで、約15分のショートダイブです。
    なんでも20分を超えないと1本とは数えないらしいので、今回は“おまけ”ということで載せますね。

    エントリーすると、写真撮影で潜っていたスタッフさんに会う。
    「写真撮るの?」と合図されたので「YES」と答える。
    おいで!と合図されたので着いていくと、小さな岩陰を教えてくれました。
    久しぶりに見るイロカエルアンコウです。
    青い目がステキでした。

    2010_08_15_BB_10.jpg 2010_08_15_BB_11.jpg

    ボートに戻りながら、目的のホヤを撮影。
    もうこれでもかというぐらいにいる。
    このポイントはほんとうにミドリトウメイボヤ(通称:ワライボヤ)がいっぱい!

    2010_08_15_BB_12.jpg 2010_08_15_BB_13.jpg
    2010_08_15_BB_14.jpg 2010_08_15_BB_15.jpg

    しかもトサカリュウグウウミウシに食べられているにも関わらず、彼らは常に満面の笑み。
    その潔さに感服しながら、心を込めて撮影しました。

    2010_08_15_BB_16.jpg2010_08_15_BB_17.jpg2010_08_15_BB_18.jpg

    撮影モードを間違っていたのに気付かなかったのであまり綺麗ではありませんが、取り敢えず定番のワモンツツボヤ(輪紋筒海鞘)を載せておきます。

    ※このログ記事に web拍手 by FC2 をお願いします!!


    ニモ☆の公式LINE 登録ヨロシクです♪ 友だち追加数
         [カテゴリ] ログ:慶良間  |   [コメント] 2
    [ランキングに参加しています - クリックお願いします]
    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   
     2010年08月15日(日) 10時57分

    種類: 慶良間ボート(アンカリング-ドリフト)
    ポイント: 渡嘉敷 アリガーケーブル
    天気: 晴れ (気温: 32度)
    波高: ~0.5m (航路 ~1.0m)
    水温: 28.8度
    最大水深: 23.2m
    平均水深: 14.7m
    透視度: 20m
    潜水時間: 41分
    海況: 良好 軽度の流れあり
    タンク: スチール 10L
    エア消費量水面換算値:  L/min (185→40 Bar)
    スーツ: 5mmマリポM(2kg)
    カメラ: SEA&SEA DX-2G(YS-17)
    バディ: -
    チーム: O夫妻他4名
    ガイド: 田中博己さん(沖縄マリンポイント)
    ダイブコンピュータ: TUSA DC-HUNTER IQ-700
    --------------------------
    2010_08_15_BB_01.jpg

    先週に引き続き、アリガーケーブルでした。
    皆さんが岩陰でウコンハネガイを撮影している間、僕はサンゴの撮影をしてました。
    なかなか“赤”を上手く出せる撮影ができません(>_<)。

    2010_08_15_BB_03.jpg 2010_08_15_BB_04.jpg

    ケーブルに沿って、グルクンがたくさんいました。
    美味しそうと思っていただけでしたが、ログ付けの際に教えていただいたところによるとハナタカサゴイッセンタカサゴの2種類がいたそうです。
    写真を見ると確かにそうだ!

    2010_08_15_BB_05.jpg

    最深部の根ではガイドさんがおそらくミナミハコフグygを探していました。
    僕はキンメモドキを撮影。
    小さな岩陰に固まっていた群れがあったで、撮影しやすかったです。

    2010_08_15_BB_06.jpg 2010_08_15_BB_07.jpg

    そのキンメモドキのそばでオトヒメエビヨスジフエダイygを撮りました。
    ヨスジフエダイygは初めて見ましたが、成魚と同じ感じでちっちゃく、可愛かったです。
    いつもヒゲしか見ないオトヒメエビも姿を見ることができました。

    2010_08_15_BB_08.jpg 2010_08_15_BB_09.jpg

    ボートに戻る途中で、大きな魚影を2体見ました。
    大きな口を開けて、グルクンなどを追っていました。
    すぐにガイドさんに合図!(水深16mぐらい)
    な、なんと、ロウニンアジでした。
    こんなところにもいるんですね、ビックリでした(^o^)。

    ※このログ記事に web拍手 by FC2 をお願いします!!


    ニモ☆の公式LINE 登録ヨロシクです♪ 友だち追加数
         [カテゴリ] ログ:慶良間  |   [コメント] 2
    [ランキングに参加しています - クリックお願いします]
    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   
     2010年08月15日(日) 09時24分

    種類: 慶良間ボート(アンカリング)
    ポイント: 渡嘉敷 カミグー
    天気: 晴れ (気温: 31度)
    波高: ~0.5m (航路 ~1.0m)
    水温: 29.5度
    最大水深: 16.4m
    平均水深: 9.7m
    透視度: 20m
    潜水時間: 50分
    海況: 良好 流れほとんど無し
    タンク: スチール 10L
    エア消費量水面換算値:  L/min (190→50 Bar)
    スーツ: 5mmマリポM(2kg)
    カメラ: SEA&SEA DX-2G(YS-17)
    バディ: -
    チーム: O夫妻他4名
    ガイド: 田中博己さん(沖縄マリンポイント)
    ダイブコンピュータ: TUSA DC-HUNTER IQ-700
    --------------------------
    2010_08_15_A_01.jpg

    波男の僕にしては珍しいぐらいの凪。
    こんな日を逃してはいけないと、前日に申込み。
    良かった、満船じゃなくて。
    というわけで1週間振りの慶良間でございます。

    2010_08_15_DDDD_01.jpg 2010_08_15_DDDD_02.jpg

    カメ探しダイブでした。
    タンクのバルブを中途半端に開けていたせいか、途中で何度か苦しくなる。
    全開したあと、どれくらい戻せば良いのでしょうか?
    基本中の基本を忘れています(半回転ぐらいだった?)

    2010_08_15_A_02.jpg 2010_08_15_A_03.jpg

    カメ見ましたよ。
    岩陰で寝ていたところをガイドさんが発見です。
    最近ヒットが少なかったアオウミガメです。
    手書きログ付けの時に何故か「アホウミガメ」と書く癖があって困ってます。

    ボートに戻って来てから、周辺でちょっと遊びました。
    スズメダイの仲間で似たものがいたので、気合い入れて写真撮りました。
    下の2枚です。
    以前から疑問だったこの2種類のスズメダイ・・・・・。

    2010_08_15_A_04.jpg 2010_08_15_A_05.jpg

    色違いなんですがとても似ていて、しかもほとんど同じ場所に住んでいます。
    というわけで、幼魚と成魚で色が違うんだろうぐらいに思っていました。
    自分で調べたら良かったわけですが、手抜きしていました。
    というわけで写真を撮ってガイドさんに伺ってみた。

    左の黄色がニセネッタイスズメダイygで、右の青色がナガサキスズメダイygらしです。
    いずれも幼魚で、別々の魚らしいですよ。
    似たような模様をしているということは、何か意味があるんでしょうね。
    スズメダイ系、けっこう好きなんですよ。

    2010_08_15_A_06.jpg

    クマノミの赤ちゃんがたくさんいましたが、ボケボケの写真しかありませんでした。
    スミマセン。

    ※このログ記事に web拍手 by FC2 をお願いします!!


    ニモ☆の公式LINE 登録ヨロシクです♪ 友だち追加数
         [カテゴリ] ログ:慶良間  |   [コメント] 0
    [ランキングに参加しています - クリックお願いします]
    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   
     2010年08月07日(土) 13時28分

    種類: 慶良間ボート(ドリフト)
    ポイント: 渡嘉敷 カメハウス→儀志布西
    天気: 曇り時々小雨 (気温: 30度)
    波高: ~0.7m (航路 2.0~2.5m)
    水温: 29.8度
    最大水深: 21.4m
    平均水深: 10.8m
    透視度: 20m
    潜水時間: 43分
    海況: 流れ軽度に有り
    タンク: スチール 10L
    エア消費量水面換算値:  L/min (200→60 Bar)
    スーツ: 5mmマリポM(2kg)
    カメラ: SEA&SEA DX-2G(YS-17)
    バディ: -
    チーム: Kさん、Aさん
    ガイド: 田中博己さん(沖縄マリンポイント)
    ダイブコンピュータ: TUSA DC-HUNTER IQ-700
    --------------------------
    2010_08_07_CCC_01.jpg

    よく潜るサンドトライアングルに近いのですが、さらに儀志布島寄りの場所からエントリーでした。

    サンゴが綺麗な場所とガレ化している場所が混在していて、全体には何だか殺風景。
    お魚が少ないのですが、泳ぎやすかったです。
    ちょっとした岩場でウルトラマンホヤを見つけました。

    2010_08_07_CCC_02.jpg 2010_08_07_CCC_03.jpg

    チームの方がアオウミガメ希望だったので探しまくりました。
    ソフトコーラルの上で寝るアオウミガメを発見です。
    気持ち良さそうでしたが、起こしてしまいました(^^)。

    2010_08_07_CCC_04.jpg 2010_08_07_CCC_05.jpg

    エキジットポイント付近で鰯の群れと一緒にいるオニカマスを見ました。
    ガイドさんが追っかけるのですが、一定距離を保って逃げもせず。
    完全に人間をバカにしています(笑)。
    深い場所だったので、僕は離れて見てました。

    2010_08_07_CCC_06.jpg

    3本目は流れも緩やかで楽でした。
    ドリフトのエキジットはやはり嫌ですなぁ。

    ※このログ記事に web拍手 by FC2 をお願いします!!


    ニモ☆の公式LINE 登録ヨロシクです♪ 友だち追加数
         [カテゴリ] ログ:慶良間  |   [コメント] 2
    [ランキングに参加しています - クリックお願いします]
    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   
    楽しい買い物はこちらでどうぞ!!
    ようこそ! ありがとう!

    本日:
    昨日:
    一昨日:
    総計:

    カテゴリ一覧
    ◆ ホヤ図鑑 ◆
    ブロとも一覧
    twitter



    <ニモ☆の旅の記録>

    月別アーカイブ
    推奨ブラウザ

    画像を適切に表示するために、以下の推奨ブラウザでの閲覧をお勧め致します。

    推奨ブラウザ
    Firefox・Opera・SRWare Iron・Sleipnir・Google Chrome・Lunascape (Trident以外)・Safari・他のGecko系ブラウザ・他のChromium系ブラウザ

    非推奨ブラウザ
    Internet Explorer・Grani・Lunascape (Trident)・他のTrident系ブラウザ

    自己紹介

    ニモ☆

    [Author] ニモ☆

    まったりと写真を撮るのが好きです
    ○沖縄在住だす

    最新コメント

  • [慶良間が国立公園に]

    (03/05) - ニモ☆ (管理人)さん


  • [慶良間が国立公園に]

    (03/05) - 岳原さん


  • [潜水ログ No.207]

    (12/11) - ニモ☆ (管理人)さん


  • [潜水ログ No.207]

    (12/11) - pandaさん


  • [潜水ログ No.204]

    (10/18) - ニモ☆ (管理人)さん


  • [潜水ログ No.204]

    (10/17) - くまのみ しのさんさん


  • [潜水ログ No.200]

    (09/18) - ニモ☆さん


  • [潜水ログ No.200]

    (09/18) - pandaさん


  • [点検終了]

    (05/03) - ニモ☆ (管理人)さん


  • 海游リンク

    管理人に連絡

    管理人ニモ☆へのメッセや連絡は、LINEでお願いします

    まずは、ニモ☆の公式アカウントへ友だち申請をしてください
    メッセージはLINEのトークで送信してください

    友だち追加数
    ♪ヨロシクです♪

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!
    Powered By FC2ブログ

      |  HOME  |   過去の記事へ


    Copyright © 海游見聞録 All Rights Reserved.

    Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」